去る平成30年6月27日(水)、私たち輝HIKARIスタッフは、感覚統合の必要性について学ぶ合同研修を実施いたしました。

「感覚統合の必要性~子どもを理解する~」

埼玉障害者交流センターで行った本合同研修は、講師に長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授であり作業療法士の岩永竜一郎先生をお迎えし、主に「発達障害児への支援ポイント」について理解を深めるための内容となりました。
岩永先生は大変なご多忙のなか、当団体の研修会の為だけに埼玉にお越し下さり、スタッフにご指導を頂きました。

当団体からは4施設職員を中心に20名が参加。
具体的な研修カリキュラムとしては、まず発達障害(ADHD・自閉スペクトラム)の基礎から、主な特性の症状、そのアプローチや対応方法などを説明。
その後発達性協調運動の課題や、感覚統合、個別療育や集団指導方法、絵カードによるコミュニケーション、作業療法からの療育、その他実際に療育現場で対応した動画を交えて実践に役立つ対応方法なども教えて頂きました。

昼食と休憩を挟み約5時間にわたり行われた本合同研修は、スライドを用いた解説のほか、岩永先生が実際に子どもとふれあってきた現場の映像資料、またスタッフによる事例相談を題材としながら進みました。

子どもが持つ特徴や問題を知ることで、いかに一人一人の感覚を的確に理解していくか、また自尊心を低下させないような取り組みを行っていくかを考える、貴重な機会となりました。

以下は受講した輝HIKARI上宗岡スタッフによる、本合同研修についてのご報告や感想のまとめとなります。

 改めて発達障害の子どもたちの見ている世界、感覚の違いによる伝わりにくさを感じました。私たちは解らないことを相手に伝えられるが、発達障害の子にとっては伝えることが難しく、不安になってしまう。子どもたちのうまく発信できない部分をくみ取り、お互いに伝わりやすい方法を見つけ出して、コミュニケーションを取っていくようにしたいです。
 対人関係面の支援や、体性感覚刺激を使ったコミュニケーションでは、映像での説明があったので、子どもの変化もみることができ参考になりました。輝HIKARI上宗岡でも「お帰り、ただいま、行ってきます、行ってらっしゃい(お散歩や、買い物に行く、又は、留守番するお友達に対して)」などの、やり取りなどに実践していきたいです。

「何をしたか、前後の状況、誰とどのように関わったか、その後の様子」を観察した行動記録について、輝HIKARI上宗岡はより注力していこうと思います。その他、再度個別の課題の設定に活かしながら、ごほうびなども用意していきます。定期的なスタッフミーティングを行い、確認し合っていきます。

 子どもたち一人一人に対する理解を深め、不安を少しでも解消できるように分かりやすい関わりを目指して、常に支援を見直していきたいと思いました。

よりよい輝HIKARIを作っていくため、輝HIKARIスタッフはこれからも学びを続けて参ります。

—–

輝HIKARI志木スタッフによる感想はこちら
輝HIKARIさいたまスタッフによる感想はこちら
輝HIKARIみぬまスタッフによる感想はこちら