この日は、子どもたちそれぞれが個別課題に取り組んでいました。


ウッドパズルをうまく積んでタワーにしてみたり、


ディッシュスタンドを使用した輪ゴムの色分けをしたり、


他にも魚釣りやパズル、キャップ開閉の指先トレーニングなどに、それぞれ集中して挑戦していました。

輝HIKARI上宗岡は、得意なことにも苦手なことにも、子どもたちが楽しく挑戦できる環境づくりに取り組んでまいります。